2020年2月、最新プランを開始したLINEモバイルは実際安いの?デメリットは?【実際の料金あり】

格安SIM

 

よく目にするけど、LINEモバイルって安いの?いいの?

と検討中の方に、実際の月額料金をお見せしながら、『オススメする人』『しない人』について解説します。

結論から言うと、『電話をそんなにしなくて、SNSめっちゃ使う人』はオススメです。

【本記事のまとめ】

  • 2020年2月最新プランについて
  • LINEモバイルのいいところ
  • LINEモバイルの悪いところ
  • オススメする人、しない人

ちなみに僕は、ドコモからLINEモバイルにキャリア変更して、約2年半になります。

スポンサーリンク

2020年2月スタートの最新プランについて

2020年2月19日から、料金プランが一新されました。

  1. SIMタイプ(通話できるかできないか)を選ぶ
  2. データ容量を選ぶ
  3. データフリーオプションを選ぶ

いやもうめっちゃシンプル。ありがとうございます(?)

あとにも書きますが、この料金プランの分かりやすさが最高です。

『LINEデータフリー』の音声通話アリだと、月額1,100円~使えるという格安SIM最安レベル。

現在の僕は、旧プランの『コミュニケーションフリー』を使用しています。

実際の月額料金も一緒に掲載しておきますね。

LINE MUSICのオプションを追加しているため、通信料だけで言えば約2,000円というところです。

ドコモを使っていた頃は約8,000円前後だったので、6,000円ほどの節約になりました。

年間で72,000円安くなって、めちゃくちゃ助かっています。

現在『コミュニケーションフリー』を契約中の方は、新プラン『SNSデータフリー』への変更はあまりオススメしません。

  • 『コミュニケーションフリー』 3GB 1,690円 
  • 『SNSデータフリー』     3GB 1,760円

Instagramがカウントフリーでは無くなる上に、料金も上がるので『ただの値上げですやん・・・』という感じですね。

『Instagramは使わないし、大容量がいい!』という方は、新プランの12GBは1GBあたりの値段が割安になるので、アリかもしれません。

旧プランの『MUSIC+』を契約していた方は、『SNS音楽データフリー』のほうが料金が安いので変更をオススメします。

新プランは利用期間・プランにかかわらず解約手数料が1,000円かかるので、注意しましょう!

新プランに開始にともなって、キャンペーンも実施しています。

  • 音声通話SIM
  • データ容量3GB以上
  • オプションがSNSデータフリーもしくはSNS音楽データフリー

上記の内容で新規契約、または一部プラン変更でキャンペーンが適用されます。

ざっくり言えば、『2か月は無料で3か月目から正規料金』です。

注意点など、詳しくはLINEモバイルキャンペーンページを見てみてください。

LINEモバイルのいいところ

長くなりましたが、実際に使っていて、いいなと思う点・良くないなと思う点についてです。

料金プランが分かりやすい

3大キャリアをはじめ、格安SIMでも思うんですが、料金プランがややこしくないですか?

僕はドコモのころから、自分の契約プランすら把握しておらず『いつ使うんだよ・・・』みたいな謎オプションに加入したりもしていました。

いざ格安SIMを選ぶときも、ファミリープランだとかセット割だとか

『結局いくらなのかよく分からーーーん!!!(思考停止)』状態。

結果、パッと見で分かりやすかったLINEモバイルにたどり着きました。

選択肢が少ないので、迷うのは『データ容量どうするか』『インスタ・LINE MUSICは使うのか』ぐらいでいいのはとても楽です。

主要SNSがカウントフリーで使える

LINEモバイルの最大の特徴である、この『カウントフリー』。なんだかいい響き。

最近は特に、SNSを使っているのが当たり前みたいな時代ですし、周りでLINEやってない人を探すほうが難しいぐらいですよね。

そのSNSが、通信量を使わない!速度制限もナシ!というのは、かなりありがたいです。

僕もバンバン使っていますが、通信量を気にしなくていいというのは、ストレスフリーで快適そのものです。

LINEのID検索ができる

LINEでの年齢認証・ID検索ができるのも特徴のひとつです。

近くに居ない人のアカウントを追加するのに便利ですが、QRコード画像を送ったりすればできるので、個人的にはあまり使っていません。

LINE MUSICが安く使える

僕を含め、LINE MUSICを利用している人限定になりますが。。

通常は月額873円かかるところを、月額750円で利用できます。

利用している人はおトクです。

LINEモバイルの悪いところ

キャリアメールが使えない

大手キャリアからの移行で最大のデメリットは、このキャリアメールが使えなくなることでした。

(@docomo~などのアドレス)

『キャリアメールじゃないとダメ!』みたいな人は、正直少ないですよね。

ただ、これまでに登録しているサイトなどのアドレス変更が死ぬほど面倒です。

どうでもいいメルマガなどの断捨離ができるので、ある意味メリットでもあります(笑)

事前にGメールやヤフーメールなど、フリーメールの登録は必須です。

通信速度が遅い

大手キャリアと比べると、どうしても通信速度は落ちます。

とは言っても、SNSやネットサーフィンなど、普通に使っている分にはあまり感じないです。

ですが、お昼(12時~13時)、夜(18時~20時)あたりは、体感的にも遅く感じることがあるので、気になる方は注意が必要です。

通話料金が高い

通話し放題のプランがないため、通話料金がめっちゃ高いです

20円/30秒ですので、もし30分電話したら1200円。基本料金かよw

音声通話SIMの人は、公式が提供する『いつでも電話』という無料アプリを使えば、半額で通話が可能になります。

『10分電話かけ放題』というオプションも月額880円で用意されていて、10分以内であれば、どれだけかけても定額です。

家族や友達とはLINE通話で、という方も多いと思うので、それ以外で頻繁に電話をする方は利用するのもアリです。

LINEモバイルをオススメする人、しない人

ここまでをおさらいしてまとめます。

オススメする人

  • 分かりやすい料金プランがいい
  • SNSめっちゃ使う
  • LINEのID検索が欲しい
  • LINE MUSIC利用中(予定)

オススメしない人

  • キャリアメールが必須
  • 通信速度を重視している
  • 通話めっちゃする

こちらに関しては、格安SIM全般に言えることだったりしますが。。

ここまでLINEモバイルについて紹介してきましたが、格安SIMを取り扱う会社は多いです。

しっかり比較して、自分の生活スタイルに合ったところを選ぶのが一番ですね。

通信速度を重視するならY!mobileやUQモバイルが人気だったり、楽天ユーザーなら楽天モバイルなど。

僕もかなり悩みましたし、ぶっちゃけ乗り換え作業は面倒くさかったです。

でも、2年半使ってきて困ったことって本当に思いつかないので、それで年間70,000円ほどの節約はコスパ良すぎです。

まだまだ3大キャリアを使っている人も多いですが、この機会に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました