【誰でもかんたん】MacBook初期設定【画像つきで解説】

Mac

Macを買ったものの、初めてだし設定とか不安・・・。

というかたに、手順を画像とともにイチから解説していきます。

✅本記事の流れ

  • Mac準備編
  • 初期設定の手順
  • 初期設定のまとめ

Windowsしか使ったことがない、初めてのノートPCの僕でも、かんたんに設定することができました。

今回は、僕が購入したMacBook Pro 13インチ(Touch Bar)モデルを例にします。

スポンサーリンク

Mac準備編

必要なもの

  • ネット環境
  • 電源(できれば)

初期設定するのに、インターネット環境が必要になります。

有線でも無線でもどちらでもオッケーです。

最初に充電が少なかったりすることもあるので、途中で切れてしまわないように、電源があると安心です。

初期設定の手順

ここから手順に入っていきます。

箱から取り出す

見づらいですが、開きやすいようにフィルムがついています。

電源オン

開くと、自動で電源が入ります。

言語の設定

日本語を選択し、(→)をクリック。

国を選択

「ようこそ」とともに世界地図が出てくるので、日本を選んで(→)続けるをクリック。

キーボード入力環境を選択

お好みですが、とりあえず画像の通りで問題ないです。

Wi-Fiネットワークの選択

接続するネットワークを選びます。

パスワードを入力して、(→)続けるをクリック。

打った内容が見れないので、大文字・小文字に気をつけましょう。

デフォルトでは小文字になっています。

Zキー左のShiftボタンを押しながら打つと大文字になります!

データとプライバシー

触るところはないので、そのまま(→)続けるをクリック。

このMacに情報を転送

サクサク進めたいので、今は情報を転送しないを選び(→)続けるをクリック。

Apple IDでサインイン

  1. 後で設定
  2. Apple IDを入力
  3. Apple IDを新規作成

すでにApple IDを持っているかたは、ここでサインインしてもオッケーです。

サクサク進めたいかたは、①を選択しましょう。

サインインする場合は、パスワードまで入力して(→)続けるをクリック。

すると、6桁の数字を入力する画面が表示されます。

すでにログインしているApple端末(iPhoneやiPad)に6桁のコードが送信されるので、それを入力。

利用規約

確認したうえで、(→)同意するをクリック。

ポップアップで再度確認されるので、同意するをクリックしましょう。

コンピュータアカウントを作成

全て入力して(ヒントは任意)、(→)続けるをクリック。

アカウントが設定されます。

エクスプレス設定

(→)続けるをクリック。

位置情報サービスの設定

Macで使用する場合はチェックを入れ、使わなければチェックを外して(→)続けるをクリック。

時間帯を選択

Tokyo-日本を選択して(→)続けるをクリック。

解析の選択

Apple製品およびサービスの品質向上に協力する場合はチェックを入れましょう。

どちらでもいいですが、僕ははずしました。

(→)続けるをクリック。

スクリーンタイムの設定

後で設定で大丈夫です。

Siriの設定

必要であればチェックを入れ、必要なければチェックをはずして(→)続けるをクリック。

FileVaultディスク暗号化の設定

かんたんに言えばセキュリティの強化ですが、パスワードを忘れるとややこしいので、チェックははずしておくのが無難です。

有効にする場合、iCloudアカウントによるロック解除の許可にもチェックを入れておきましょう。

Touch IDの設定

画面に従い、Touch Barの右端に指を当てて離す作業を繰り返し、できたら(→)続けるをクリック。

外観モードの選択

どれでもいいので、選んで(→)続けるをクリック。

True Toneディスプレイの設定

これも後で設定できるので、(→)続けるをクリック。

初期設定の完了

Macを設定中・・・と表示されます。

デスクトップが表示されたら初期設定の完了です!

お疲れさまでした!

まとめ:かんたんだけど面倒くさい

いかがでしたでしょうか?

かんたんですが、手順が多くて少し大変ですよね。

ここからは、自分の好きなようにカスタマイズしてMacのある生活を楽しんでいきましょう!

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました