夜勤のメリット・デメリットを経験者が解説します【結論:きついです】

生活

夜勤ってやっぱりきついのかな?

メリット・デメリットが知りたい・・・。

と、お悩みのかたへ。

「日勤・夜勤の2交替制」の工場で約6年間勤務した経験をもとに、メリット・デメリットを解説します。

結論から言うと、きついのであまりオススメしません。

スポンサーリンク

夜勤のメリット

  1. 給料がいい
  2. 昼間に自由時間がある
  3. 昼よりも仕事が楽なケースが多い

給料がいい

ほぼこれ一択です。

給料が変わらなかったら、夜勤を選ぶメリットなしと言ってもいいぐらいです。

通常勤務の25%割り増しに加えて、工場などでは深夜手当ての他に、交替制の手当てが発生するところもあります。

昼間に自由時間がある

夜勤はシフト制のところが多く、平日が休みになりがちです。

市役所などの公的機関に用事があるときは便利だし、どこかへ出かける時も空いててストレスフリーで快適です。

あと、退勤中に出勤する人たちを見て、謎の優越感に浸れます。

昼よりも仕事が楽なケースが多い

  • 工場→常勤の上司がいない
  • サービス業→お客さんの数が少ない

など、「人が少ない」ことはメリットです。

何かを頼まれたり、トラブルなどが起きる可能性も低くなります。

いざ起きたときに困ることもあるので、一概には言えないんですけどね。

夜勤のデメリット

  • とにかく眠い
  • 不健康になりやすい
  • 友達や家族と時間を合わせにくい

とにかく眠い

当たり前ですが、人間は夜に寝る生き物ですよね。

慣れで多少マシになってくる部分もありますが、何年やっても夜勤は眠いです。

昼の仕事でも、昼食後などに眠くなりますよね?あれの3倍くらいを想像してみてください・・・。

はまぐり
はまぐり

眠い・・・なんでこんな時間に働いてるんだ・・・

と、よく思ってました。昼間に寝られなかった時はもう地獄です。

不健康になりやすい

昼夜逆転した生活になるので、自律神経が乱れます。

「自律神経失調症」などの疾患にかかる可能性が高くなります。

個人的には下記の症状(?)が現れてました。

  • 夜勤明けにやたら食欲が湧く
  • 夜勤明けに謎のハイテンション

ストレスが溜まったり免疫力が下がったりしやすくなるので、休日のケアが特に重要になってきます。

友達や家族と時間を合わせにくい

平日休みが多くなるので、シンプルに予定を合わせにくいです。

既婚者や大学生にはつらいかもしれません。

夜勤明けの日が休日扱いになるところも多いと思いますが、当然眠いですし、何かしようとしても生産性はガタ落ちします。

休日日数が多くても、上記の理由で実質休みが少ない、みたいな状態になるので注意しましょう。

夜勤のメリット・デメリットまとめ

ここまでをまとめると

【メリット】

  1. 給料がいい
  2. 昼間に自由時間がある
  3. 昼よりも仕事が楽なケースが多い

【デメリット】

  • とにかく眠い
  • 不健康になりやすい
  • 友達や家族と時間を合わせにくい

という感じです。

給料を重視してます!

めちゃめちゃ夜型です!

という人はいいですが、夜ふかしが苦手なぼくのような人にはオススメできません。

何を重視するかは人それぞれですが、長い目で見ると夜勤は健康面での不安があるので、それを踏まえて考えてみてください。

それではここまで。

タイトルとURLをコピーしました